TOPICS

サマセットエンターテイメント社(カナダ・トロント) 社長 アンディー バージェス

  • Andy: 「日本のために(日本でサマセット社のCDの売上を上げるために)何か自分達に出来ることはないかな?」
  • Kazz: 「あるある!とにかく一度日本に来てください。ボブは時々来てくれるけれど、アンディーやゴードンは一度も来てないでしょ。(ボブは海外営業部の副社長。ちょっとボブに申し訳ない気配?)日本のお客様は、どんな人達がソリチューズを制作しているのか、興味があると思います。」
  • Andy: 「(本当に?)ふ~ん、なるほど。」(そうは言ってもなかなか行けそうに無いというニュアンス)
  • Kazz: 「そう言えば、今度日本のソリチューズサイトをリニューアルするから、日本の皆さんにメッセージはもらえますか?」
  • Andy: 「もちろん!喜んで!」
  • Kazz: 「顔写真もね!」
  • Andy: 「OK!!」(ちょっと照れくさそうでした。)

というような感じの?やりとりから、アンディーに登場してもらうことになりました。
なにぶん英語でのコミュニケーションなので想像力は普段よりたくましくなっています。

「私とソリチューズ」 アンディー バージェス

私がこの会社にやってきたのは、1994年で、当時はソリチューズという名前のレコード会社でした。とにかく素晴らしい商品だと信じて疑わなかった。

そして、この商品はもっと多くの人に楽しんでもらえるはずだと思ったんです。(当時流通業界にいた私は)独特な魅力を持つこの素敵な音楽を、きちんと流通させたい一心でソリチューズにかかわることになりました。

ところで、私はずっと「フォレスト・ピアノ」が好きで、よく聴いています。メロディーはネイチャーサウンドをすばらしく引き立てているし、ジャケットも感動的なうつくしさですから。

皆さんいかがでしたか?
ソリチューズCDのケースを開けて、ライナーを良くご覧下さい。
エグゼクティブプロデューサー:アンディー バージェスと書かれている事が多いと思います。
どんなに忙しくてもレコーディングスタジオにも足を運ぶ、サマセット社 社長のコメントでした。

Page Top