TOPICS

父からのレガシー Gordon Gibson (ソリチューズのプロデューサー)

偉大な大自然と野生の生き物達は、私たち家族にとって大変貴重な存在です。
私達は大変幼い頃から父Dan Gibsonに連れられて、カナダの大自然に親しんでいたので、当たり前のように自然界は大切に守っていく必要があるものだと強く感じていました。

今では私が当時の父と同じように、自分の子供達とその気持を分かち合えています。そして、ソリチューズの新作を創るたびに、「究極的に自然界を守る愛情のようなものをクリエイトするんだ」という思いで、父のレガシーを大切に受け継いでいます。
私はソリチューズをお聴きいただいている日本の皆さんが、今よりもっと幸せでもっと健康になられること、そしてソリチューズを知ってよかったと思っていただけることを願っています。
私達は、さらにもっと美しいアルバムを創ろうと努力していますので、皆さんにソリチューズを楽しんでもらえることは、大変な励みになります。

ソリチューズは故ダン・ギブソンと息子のゴードン・ギブソンの2人で創作した新しいジャンルの音楽でした。誰もが惜しんだダンの死でしたが、彼の遺志は息子たちにしっかりと受け継がれています。音楽の制作は、ゴードン、自然音の録音はウィリアムに。

『フェイバリットセレクション(限定アイテム)』にはカヌーに乗ってひとりで自然音を録音しているダンが描かれていますが、『フェイバリットセレクションII』には皆さんお気づきいただけたでしょうか、水辺で録音作業中のダンとウィリアムが小さく描かれているんです!

フェイヴァリットセレクション Ⅰ Ⅱ フェイバリットセレクション フェイバリットセレクションⅡ

ところで、ゴードンはご覧のとおり、とってもいい奴(失礼・・)で、実はたいへんユーモラスな楽しい方です。

先日、ゴードンのご近所の人が、すごく良い感じの京都の温泉旅館に行ったら、売店にソリチューズが置いてあったから、ゴードンに教えてあげようと思って写真に撮ってきてくれたそうです。 その写真と旅館のパンフレットを見たゴードンはものすごく感激して、「京都へ行きたい・・あのワンダフルな旅館に行きたい・・泊まれなくて日帰りでもいいから・・」としきりに言っていたので、私も「京都の温泉旅館?どこかな?京都にディーラー店無いし?」と思って、写真を見せてもらってわかりました。・・・実は京都じゃなくて、箱根だったんですね。 以前、今月のディーラー店でもご紹介したことのある「強羅花壇」でした。なるほど、外国の方は美しい日本のものはだいたい京都のものだと思うようです。

ゴードン曰く、「夢があってさ、ある朝目覚めるとそこは強羅花壇で・・・そこに1~2ヵ月泊まってるんだよ~」 だそうです・・・(笑)!

Page Top