TOPICS

二期倶楽部

二期倶楽部雑誌で拝見して一度はいってみたいと思うリゾートホテル二期倶楽部。
自然とホテルとの調和、穏やかな安らぎは、周りの環境だけでなく、そこにいらっしゃるスタッフの心の温かさからくるものだと気づかされました。
そして今回、アロマセラピストの大島敦子様よりお話を伺いました。

~トリートメント中の記憶がない!?~

二期倶楽部―トリートメントのBGMとしてソリチューズを使用して頂いている理由を教えて下さい。

トリートメントルームの壁は水平線をイメージして水色なのですが、ソリチューズは波の音が多く入っていてトリートメントルームのイメージと一致しており、施術の内容もゆったりとしたものなので、ソリチューズの曲調とマッチしているのも一因です。

―お客様の反応はいかがですか?

曲を聴いているだけでもリラックスして眠くなり、終わった後もゆっくり休めたという感想を頂きます。トリートメントがリラックスをして頂く内容なので、ほとんどの方がお休みになり、施術の内容と音楽の相乗効果で“トリートメント中の記憶がない”という方が多いようです。

―ソリチューズと他の音楽のリラックス度の違いはありますか?

波の音が入っているせいか、深い眠りについて、海の中にいるような神秘的な夢を見ました。という方がいらっしゃいました。

二期倶楽部―セラピストからみたBGMについて

自分のリズムによって施術しやすい曲・施術しにくい曲があり、音楽のバランス・曲調が極端にかわると、自分のリズムが崩れたりします。トリートメント中、お客様はお休みになっていることが多いので、BGMは、セラピストの気持ちを高める音楽ということになると思います。意識的には聴いていないのですが、自然と耳に入ってくるので施術のイメージに反映されます。初めて聴く曲があると無意識のうちに反応し、バランスを崩してしまうこともあります。
おすすめは『ナチュラル・スリープ・インデュースメント』です。『スリープ・ディープリー』と実際聞き比べてみますと、波音や曲調のバランスが良く、より深い眠りにつけると感じています。また、日中より夕方暗くなってからのBGMにおすすめです。『ヨーロピアン・スパ』等は、トリートメントのイメージにはあっていますが、海外を思わせる曲調でイメージとしては『ナチュラル・スリープ・インデュースメント』の方が二期倶楽部のスパのイメージとしても近く、深部まで届く施術がしやすいアルバムです。

―どのようにトリートメントのBGMを選んでいるのですか?

ポリネシアン・スパ』や『ナチュラル・ストレス・リリーフ』等、お部屋によってアルバムを変更しております。また、自分の好みやお客様の好み、天候等で選ぶこともあります。アロマオイルを選ぶようにBGMを選ぶことも良いですね。

―毎日聴いていらっしゃるわけですが、飽きたりしませんか?

思ったより、毎日聴いていても飽きることはないです。以前使用していたCDは聞き飽きることがあったのですが、ソリチューズは飽きにくいようです。曲が終わるのと同時に施術が終わるとセラピストもすっきりするのですが、ソリチューズはタイミングが偶然にもあうものが多いように感じます。もしかすると無意識に曲のリズムと一緒に終わるようにしているのかもしれませんね。

―業者の私達にも分け隔てなく出迎えて頂いたことにとても感動いたしました。

おもてなしに対しての意識は、上司や周りのスタッフをお手本にして、お客様の立場にたって判断するという考え方を身につけることなのかもしれません。業者の方でも、お客様でも分け隔てなく接することは、指示しているわけではなく、支えられているということを考えることで自然とそのようになるのではないかと思います。また、良い意味で和気藹々できると思います。また、『出入りの業者の方がご宿泊のお客様にご挨拶してくれた。』とお客様よりお声を頂いたこともあります。これは、とても嬉しく素晴らしいことだと思います。こういう事例をスタッフに紹介していくことで、さらに良いおもてなしができるのではないかと思います。

インタビュアーの一言。

駐車場に車を止めると、ホテルスタッフがわざわざ車の近くまできて笑顔で、出迎えてくれます。取引業者だと伝えても、その笑顔は変わりません。一度行くと、その自然なもてなしにファンになってしまいます。是非、ゲストとして訪れてみたい、魅力あふれるホテルなのです。私も『ナチュラル・スリープ・インデュースメント』をBGMにトリートメントを受けてみたいと思いました。

Page Top